menu
閉じる
  1. ホルモン剤を安く購入する方法
  2. ダイエットコラム|ダイエット医薬品の副作用とは?
  3. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
閉じる
閉じる
  1. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
  2. 前立腺肥大症とはどんな病気?症状や改善方法は?
  3. 高血圧改善の食事と運動、そして高血圧によって発症する病気
  4. 高血圧改善のためのサプリ
  5. 太りやすい人が食べているものとは?
  6. ストレスとうつ、精力減退のメカニズムとは?
  7. 善玉菌パワーで便秘・下痢・アレルギー性疾患を改善!
  8. 肝臓病と肥満の原因と対策!気を付けるべきこととは??
  9. 動脈硬化・心臓病にならないためにコレステロール値を下げてしなやかな血管…
  10. 落したい男性がいたらデートは「天使のホルモン」のエストロゲン期を選ぼう…
閉じる

家庭の医学

動脈硬化・心臓病にならないためにコレステロール値を下げてしなやかな血管を作る事が大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s

血管の老化は動脈硬化・心臓病の原因に

動脈の壁にコレステロールが付着する

動脈は本来、血液を心臓が休みなく送り出し、全身に運搬する弾力性に富んだパイプラインですが、動脈の内壁が活性酸素によって酸化されたコレステロールやカルシウムが付着すると、壁が厚くなったり硬くなったりします。

このような血管の老化現象を動脈硬化と呼んでいます。動脈硬化によって血液が流れにくくなったり、血栓ができやすくなると、脳や心臓をはじめ全身の臓器の働きが低下して、色々な循環器病、血栓症を発症させる危険性が高まります。

狭心症、心筋梗塞、心不全(心臓の働きが極端に悪化する)に突然見舞われる危険性が

狭心症、心筋梗塞、心不全(心臓の働きが極端に悪化する)などの心臓発作に、突然見舞われる危険性があります。脳動脈が硬化すると、脳出血(血管が破れる)や脳梗塞(血管が詰まる)を発症する恐れがあります。

高血圧症(血管に過度の負担がかかる)、血中の活性酸素やコレステロールの増加(とくに悪玉LDLコレステロール)による高脂血症、糖尿病(血管をもろくする)などが、動脈硬化のおもな危険因子とされています。

動脈硬化・心臓病を予防するには、血中の活性酸素やコレステロール値を下げて、血液をサラサラにして血栓ができにくくする食品やサプリエントを利用したいものです。

活性酸素やコレステロール値を正常化し、動脈硬化や心臓病を防ぐ効果が期待されるサプリメント

イトチョウ葉エキス、梅(梅肉エキス)、EPA・DHA、大麦若葉エキス、核酸、カルシウム、黒酢、ケール、ゴーヤ、小麦胚芽、ショウガ、スッポンエキス、セレン、田七ニンジン、納豆菌、パパイヤ酵素、ビタミンE、ビタミンC、プロテイン、プロポリス、紅麹、松葉エキス、マテ茶、卵黄油、霊芝(マンネンタケ)、レシチン


糖尿病 血糖値の上昇を緩やかにする、食後の血糖値を下げる

ブドウ糖の代謝がうまくいかなくなる

血中におけるブドウ糖の濃度(血糖値)は、普通80~140ミリグラム/デシリットルという狭い範囲内に調整されていますが、この血糖値をコントロールしているのはインスリンというホルオンです。

何らかの原因でインスリンの分泌が不足すると、食べ物から摂ったブドウ糖うまく処理できなくなり、血液の中にブドウ糖がたまってきます。

そのとき、ブドウ糖がタンパク質と結合してできた糖化タンパクが活性酸素を激増させて、色々な合併症を引き起こし、さらに高血糖状態が長く続くと、ブドウ糖が尿に混じって漏れ出します。これが典型的な糖尿病の状態です。

カロリー制限、エネルギー消費が基本

のどが渇く、尿の量や回数が増える、切り傷が治りにくい、目がかすむ、歯槽膿漏がひどくなるなど、色々な症状があらわれるようになります。

糖尿病が悪化すると動脈硬化になりやすく、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病性白内障を起こす危険性があります。糖尿病にはインスリン注射が不可欠なインスリン依存型糖尿病(Ⅰ型)と、飲み薬や食事療法で治療を行う非インスリン依存型糖尿病(Ⅱ型)があります。

40~50歳代を中心に発症する糖尿病はほとんどがⅡ型です。日ごろから血糖値が高く、糖尿病が気になる人は、食事療法と運動療法を基本にしながら、血糖値の上昇を緩やかにしたり、食後の血糖値を下げる働きのある食品やサプリメントを活用しましょう。

血糖値の上昇を緩やかにする、血糖値を下げる効果が期待されるサプリメント

ウミヘビ脂質、菊イモ、ギムネマ・シルベスタ、グァバ、クロム、ゴーヤー、コウライニンジン、サラシア・オブロンガ、食物繊維、ビタミンB群、ヤーコン、羅漢果エキス、ルイボスティー

関連記事

  1. 体脂肪を落としたい方は、ごま油やオリーブオイルが効果的!

  2. a0002_010774

    太りやすい人が食べているものとは?

  3. a0001_017541

    痩せたい人でアルコール好きな人の注意点

  4. a0002_010732

    高血圧改善の食事と運動、そして高血圧によって発症する病気

  5. a0002_010125

    メインディッシュのない食生活は太る?

  6. オルリファスト

    ダイエット医薬品を最安値で購入できる方法

おすすめ記事

  1. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
  2. ホルモン剤を安く購入する方法
  3. ダイエットコラム|ダイエット医薬品の副作用とは?

PICK UP

  1. a0002_004056
    異性とセックスをした後に、性器に違和感があったら、性病を疑った方がいいでしょう。ですが、病院…
  2. a1640_000112
    ここではホルモン剤を最安値で購入できる方法をご紹介します。できるだけ最安値情報を紹介するように心がけ…
  3. ゼニカル
    当サイトではダイエット医薬品の効果効能、副作用、服用方法(飲み方・使い方)などは、記載できません。使…
ページ上部へ戻る