menu
閉じる
  1. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
  2. ダイエットコラム|ダイエット医薬品の副作用とは?
  3. ホルモン剤を安く購入する方法
閉じる
閉じる
  1. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
  2. 前立腺肥大症とはどんな病気?症状や改善方法は?
  3. 高血圧改善の食事と運動、そして高血圧によって発症する病気
  4. 高血圧改善のためのサプリ
  5. 太りやすい人が食べているものとは?
  6. ストレスとうつ、精力減退のメカニズムとは?
  7. 善玉菌パワーで便秘・下痢・アレルギー性疾患を改善!
  8. 肝臓病と肥満の原因と対策!気を付けるべきこととは??
  9. 動脈硬化・心臓病にならないためにコレステロール値を下げてしなやかな血管…
  10. 落したい男性がいたらデートは「天使のホルモン」のエストロゲン期を選ぼう…
閉じる

家庭の医学

肝臓病と肥満の原因と対策!気を付けるべきこととは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0002_010050

肝臓病にはアルコールや中性脂肪を控え、肝機能を積極的に高めること

慢性化しやすいB型肝炎、C型肝炎

肝臓の主な働きには、食べ物から摂った栄養素の代謝、解毒作用と排泄作用、胆汁の生成と胆汁色素の排泄などがあります。本来、肝臓は再生力が旺盛で頑強な臓器ですが、別名「沈黙の臓器」ともいわれています。聞いたことがある方も多いでしょう。

肝障害の症状が出た時には、すでに病気が相当進行していることが多く、健康診断などで肝機能のチェックを怠らないよう、普段の心がけがとても肝心です。

肝臓病には肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓ガン、アルコール性肝障害などがありますが、最も多いのがウイルスによって感染する肝炎です。食べ物や水から感染する急性A型肝炎、傷口や輸血などからの感染が多く、慢性化しやすいB型肝炎・C型肝炎の3種類があります。

血液検査では肝機能チェックが大切

慢性肝炎ははじめのうち無症状があっても全身のだるさ、お腹が張る程度の症状なので、気づかないうちに慢性化しやすく、最後は肝硬変や肝臓ガンに移行する可能性が高いなど、くれぐれも要注意の病気です。

脂肪肝は肝臓全体の30パーセント以上に中性脂肪が溜まった状態をいい、その結果、肝臓が腫れ上がって肝機能も低下します。肥満やお酒の飲み過ぎなどが主な原因で、減量や節酒での改善が期待できます。

アルコール性肝障害にはアルコール性脂肪肝・肝炎・肝硬変があり、重症では入院治療が必要になります。
普段から血液検査での肝機能チェックを基本に、お酒の飲み過ぎを極力控えて、肝機能を高める食品やサプリメントを選んで利用しましょう。

肝機能を高めて、慢性肝炎などを予防する効果が期待されるサプリメント

ウコン、クロレラ、シイタケ菌糸体エキス、シジミエキス、スクアレン、メグスリノキ、乳清タンパク、マリアアザミ


a0002_010796

肥満には体内への脂肪吸収を抑えて脂肪の燃焼を高めること

標準体重だけでなく体脂肪率が重要!

肥満は体内に脂肪がたくさん蓄積された状態を指します。一昔前までは、主に身長と体重の比率(標準体重)を問題にしていましたが、近年では体重に占める「体脂肪率(体脂肪の割合)」が重要視されています。

適正な体脂肪率は、男性では15~20パーセント、女性では20~30パーセントの範囲で、これを超えると肥満といわれています。数年前の調査では体重100キログラムを超える幕内力士の体脂肪率は平均約23パーセントでしたから、やや太めではあっても決して肥満というわけではありません。

これが標準体重以下の人で、痩せているように見えていたとしても、体脂肪率30パーセントなら立派な肥満です。

皮下脂肪型肥満、内臓脂肪型肥満がある

食べ物からの摂取カロリー量が、基礎代謝(呼吸や安静時の生活で使われるエネルギー)や運動時の消費カロリーを常に上回る生活をしていると、余分なカロリーは皮下脂肪に蓄えられ、やがて肥満が完成します。

これが女性に多い皮下脂肪型肥満です。中性脂肪などをたくさん摂る男性には、腸や胃、肝臓などの周囲に脂肪がつきやすい内臓脂肪型肥満が多く見られます。

いずれのタイプの肥満でも、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病になりやすく、動脈硬化、心臓病、脂肪肝のリスクが非常に高くなります。

体内への脂肪吸収を抑えたり、脂肪の燃焼を高めたりする食品やサプリメントを活用したいものです。

体内の脂肪燃焼を高め、肥満の防止、ダイエット効果が期待されるサプリメント

カプサイシン、キチン・キトサン、ギムネマ・シルベスタ、グァバ、クロム、桑葉、食物繊維、スピルリナ、杜仲茶、にがり、乳酸菌、発芽玄米、ビタミンB群、ポーレイ茶、羅漢果エキス、ローズマリー

関連記事

  1. a0001_017541

    痩せたい人でアルコール好きな人の注意点

  2. ゼニカル

    ダイエットコラム|ダイエット医薬品を最安値で購入する方法

  3. a0003_000335_m

    ダイエット中にぴったりのヘルシー甘味とは?

  4. オルリファスト

    ダイエット医薬品を最安値で購入できる方法

  5. 体脂肪を落としたい方は、ごま油やオリーブオイルが効果的!

  6. a0001_017529

    高血圧改善のためのサプリ

おすすめ記事

  1. 性病になったらどうしよう・・・とお悩みの方へ
  2. ホルモン剤を安く購入する方法
  3. ダイエットコラム|ダイエット医薬品の副作用とは?

PICK UP

  1. a0002_004056
    異性とセックスをした後に、性器に違和感があったら、性病を疑った方がいいでしょう。ですが、病院…
  2. a1640_000112
    ここではホルモン剤を最安値で購入できる方法をご紹介します。できるだけ最安値情報を紹介するように心がけ…
  3. ゼニカル
    当サイトではダイエット医薬品の効果効能、副作用、服用方法(飲み方・使い方)などは、記載できません。使…
ページ上部へ戻る